胃腸に優しいドッグフードとは

犬は一般的に雑食という認識が強い動物ですが、実際には肉食寄りの雑食です。基本的に、犬の胃腸は肉類の消化や吸収をしやすいようなしくみになっており、穀物の摂取は犬の胃腸に大きな負担をかけてしまいます。また、摂取する穀物の種類によっては、アレルギーの原因にもなってしまいます。アレルギーにかかりやすい穀物には、トウモロコシ、小麦、大豆等があります。現在ペットショップなどに流通している安価なドッグフードには、コストを抑えるために、トウモロコシなどの穀物を含んでいるものが多くあります。わんちゃんのためのドッグフードなのに良くないものが含まれているというのはなんだかかわいそうな話ですね。当たり前ですが、わんちゃんには自分でショップに行き原材料を確認して自分の好きなドッグフード買うことは出来ません。やはり、わんちゃんを大切に思う飼い主の方が、安全なものを提供するしかありません。わんちゃんの健康のためにドッグフードを選ぶポイントとして、穀物を使用していない「グレインフリー」のドッグフードがおすすめです。しかし、穀物全てが悪い訳では無く、大麦や玄米はアレルギーを起こしにくいとされていますので、グレインフリーでないからと言って敬遠する必要はありません。また、わんちゃんの胃腸や健康を気遣うのであれば良質な肉類を使用し、添加物を使用していないナチュラルなものが良いですね。また、アレルギーが心配であればドッグフード評価を見に動物病院でのアレルギー検査も有効です。